FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外板貼りその2

DSCF1663s.jpg
 右翼の裏面です。 左翼の表面から始まり、裏面、右翼の表面の順番からいって4面目なので、大分きれいに貼れました。
この外板はプライマーで表面処理してあるので、シンナー拭き取るとプライマーが剥がれて他の部分と違う感じになりますが、仕上げは塗装するので問題ありません。
 
 このキットの発売当時に外板は”両面テープで貼る”との指示を見て、やる気が削がれた方も多いと思います。
私もその一人でしたが、オフィシャルHPの掲示板で”アルミ錆止めさん”という方がセメダインG17を希釈して刷毛塗りする方法を公開してくれたおかげで救われました。
 G17の希釈方法は「タミヤのセメント流し込み用」でとの事でしたが、私なりに他の物が無いか色々ためしました。アセトンやツールクリーナー業務用のシンナー等、しかしどれも凝固したり、分解してしまったりで上手く解けません。
 タミヤ製が品切れだった為、他社の流し込み接着剤を使ってもダメでした。(一瞬解けたと思った後、凝集してしまう。)
 最後に手持ちのVカラー用シンナーで希釈したら素晴らしくさらさらになりました。
DSCF1664s.jpg
 一番良いのは接着面の両面に塗った後、指につかない状態まで乾燥させた後、圧着が正しいらしいのですが、仕上がりを重視すると片面塗布です。 片面塗布してから位置合わせしていると時間が経過しすぎで着きにくくなります。その場合はシンナーだけをカッターナイフの刃を使って流し込めば、接着力が復活します。 はみ出した接着剤は綿棒を使いシンナーできれいにふき取れます。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
プロフィール

らくろー

  • Author:らくろー
  • 模型を趣味としてもう9年。
    (間も空いてますが。)
    どんな物でも追求すると果てしなく奥が深い物です。
    どうですか?あなたもこんな趣味は?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。